for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=マリー、引退後は「キャディーかサッカー指導者に関心」

 男子テニスで元世界ランキング1位のアンディ・マリーが、引退後はプロゴルフのキャディーになるか、サッカーの指導者ライセンスを取ることに関心があると語った。ロンドンで2019年7月撮影(2021年 ロイター/Hannah McKay)

[30日 ロイター] - 男子テニスで元世界ランキング1位のアンディ・マリー(33、英国)が、引退後はプロゴルフのキャディーになるか、サッカーの指導者ライセンスを取ることに関心があると語った。

四大大会3勝を誇るマリーだが、手術で長期離脱するなどし、現在は世界119位。開催中のマイアミ・オープンは股関節のケガのために出場を辞退している。

マリーは「ジェントルマンズ・ジャーナル」に対し、引退の時期に関しては触れなかったものの、「とてもゴルフが好きなので、ツアーのキャディーをやるのは面白そうだ。きっとテニスとゴルフには精神的な部分で共通点もあるだろうから、ゴルファーの手助けをするのも面白いと思う」とコメント。また、「サッカーの指導者ライセンスを取得するのも楽しそうだ」とも話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up