Reuters logo
テニス=世界ランク2位マリー、全米オープン欠場へ
2017年8月27日 / 02:13 / 1ヶ月前

テニス=世界ランク2位マリー、全米オープン欠場へ

 8月26日、男子テニスの世界ランク2位、アンディ・マリー(写真)は、四大大会の今季最終戦、全米オープン(28日開幕)を腰の故障のために欠場すると発表した。ロンドンで7月撮影(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク2位、アンディ・マリー(30、英国)は26日、四大大会の今季最終戦、全米オープン(28日開幕)を腰の故障のために欠場すると発表した。

マリーは今年の全仏オープン準決勝のスタン・バブリンカ(スイス)戦で腰を痛め、その後はウィンブルドン選手権までの試合を欠場。ぶっつけ本番で臨んだウィンブルドンでは準々決勝のサム・クエリー(米国)戦で敗退した。その後、全米オープン出場を目指し、前哨戦2大会を欠場して調整を図っていた。

マリーは会見で「休養とリハビリにより全米オープンを迎えられる状態まで来た」とした上で、「優勝という目標を果たすためには、耐えられそうもない」と説明した。

男子テニスではノバク・ジョコビッチ(セルビア)、バブリンカ、錦織圭らランキング上位の選手が相次いで故障により全米オープンを含む今季のツアー大会を離脱。

マリーは「可能な限り早く復帰したい」としながらも、「チームと検討して数日中にツアー離脱についての判断を下す」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below