July 13, 2019 / 4:10 AM / 7 days ago

テニス=マリー、シングルス復帰までには1年かかる可能性も

 7月12日、男子テニスで元世界ランク1位のアンディ・マリー(写真)は、手術を受けた臀部の力を取り戻し、シングルスに復帰するためには1年を要する可能性もあると話した。ウィンブルドンで10日撮影(2019年 ロイター/Hannah McKay)

[12日 ロイター] - 男子テニスで元世界ランク1位のアンディ・マリー(32、英国)は、手術を受けた臀部の力を取り戻し、シングルスに復帰するためには1年を要する可能性もあると話した。

マリーは臀部の痛みにより1月の全豪オープン1回戦を最後に実戦を離れていたが、手術で悩みから解放され、6月のフィーバーツリー選手権で実戦復帰。フェリシアノ・ロペス(スペイン)とペアを組みダブルスに出場し、優勝を飾った。

同選手は今月のウィンブルドン選手権で、ピエールユーグ・エルベール(フランス)と組んで出場した男子ダブルスでは2回戦敗退。セリーナ・ウィリアムズ(米国)と組んだ混合ダブルスでは、3回戦敗退を喫した。

マリーは英BBCの自身のコラムで、臀部の手術で多くの筋肉が切断、縫合されたことで、きちんと回復するまでには厳しいフィジカルワークと長い時間が必要だとし、「3カ月や4カ月では力は戻らないだろう。9カ月から1年はかかる可能性がある」と述べた。

さらに、同選手は「シングルスのコートに復帰し、5セットマッチを戦えるようになるまでに、これらの筋肉を一定のレベルに戻す必要がある。そうでなければ再びダメージを与えかねない」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below