April 11, 2015 / 3:47 AM / 4 years ago

テニス=ナダル、「自己ワーストの状態」でモンテカルロ入り

 4月10日、男子テニスの世界ランク5位、ラファエル・ナダルは、マスターズ・モンテカルロ大会の開幕を前に、自身の状態への不安を示した。米フロリダ州キービスケーンで3月撮影(2015年 ロイター/Geoff Burke-USA TODAY Sports)

[ロンドン 10日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク5位、ラファエル・ナダル(28、スペイン)は、クレーコートで行うマスターズ大会の今季初戦、モンテカルロ大会の開幕(12日)を前に、自身の状態への不安を示した。

ナダルは10日、スペインメディアに対し、キャリアのなかでは自己ワーストの状態でクレーコートシーズンを迎えることになるとコメントした。

ナダルは3月のアルゼンチン・オープンで優勝した後、BNPパリバ・オープンではミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、マイアミ・オープンではフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に敗れ、ランキングを下げた。

しかしナダルはモンテカルロ大会では2005年から8年連続優勝を果たしており、ここでのパフォーマンスは今年10回目の優勝がかかる全仏オープンに向けて復調ぶりをはかるバロメーターとなる。

自身のランキングについてナダルはこれからの6─7週間の出来次第だとし、「いい結果を出せなければ順位が大きく下がることになる」と語った。

モンテカルロ大会には世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、同2位のロジャー・フェデラー(スイス)、同6位のラオニッチ、同7位のダビド・フェレール(スペイン)らも出場する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below