September 8, 2018 / 2:45 AM / 11 days ago

テニス=ナダルが途中棄権、デルポトロが全米OP男子決勝へ

[ニューヨーク 7日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは7日、ニューヨークで男子シングルス準決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)は第3シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)との試合を途中棄権した。

 9月7日、テニスの四大大会最終戦、全米オープンの男子シングルス準決勝でラファエル・ナダル(写真)は第3シードのフアンマルティン・デルポトロとの試合を途中棄権した。2018年 ロイター/Geoff Burke-USA TODAY Sports)

ナダルは試合序盤から不調をのぞかせ、急な動きをするたびに顔をゆがめていた。第1セットを6─7で落とすと、ひざのマッサージを受けテーピングを巻き直すなどしてプレーを継続したが、第2セットを2─6で終えて主審に対し続行が不可能だと申し出た。

ナダルは第1セットから違和感を覚えていたとし、試合後に報道陣に対し「試合を途中棄権するのはとてもつらい選択だったが、あまりにも痛みがひどかった」と述べた。

デルポトロは2009年以来の決勝進出が決定した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below