January 27, 2019 / 12:15 AM / a month ago

テニス=四大大会2連勝の大坂、全豪では喜びの涙

 1月26日、テニスの四大大会第1戦、全豪オープンで優勝した大坂なおみは、昨年9月の全米オープンとは違い、今回は試合後、喜びの涙を流すことができた(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[メルボルン 26日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦、全豪オープンで優勝した大坂なおみ(21)は、昨年9月の全米オープンとは違い、今回は試合後、喜びの涙を流すことができた。

大坂は昨年の全米オープンで四大大会初優勝を達成。しかし対戦相手だったセリーナ・ウィリアムズ(米国)が審判と激しい言い争いになったことが注目され、優勝セレモニーでは観客がやじを飛ばす事態に。大坂は優勝したにもかかわらず、悲しみの涙を浮かべた。

大坂は26日の決勝では第1セットを先取したが、ペトラ・クビトバ(チェコ)に第2セットを奪われて悔し涙を見せた。しかし最終的に7─6、5─7、6─4で勝利。今回は観客の温かい祝福を受けた。

大坂は報道陣に対し、「ニューヨークでは観客の大半がセリーナを応援していた。ここでは半々のように感じた」とし、「お互いに対する声援が聞こえて、とてもうれしかった」とコメント。

世界ランク1位になることについては「まだ実感がない。次の大会で自分の名前の横にナンバーワンと書かれているのを見たら何か感じるかもしれない。でも今はそれより優勝したことの方がうれしい」と喜びを表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below