for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=バルトリ、大坂のウィンブルドン出場可否を懸念

女子テニスの元ウィンブルドン選手権覇者マリオン・バルトリが4日、メンタルヘルスの問題を理由にことしの全仏OPを棄権した大坂なおみ(写真)のウィンブルドンへの出場可否について、懸念を示した。パリで5月撮影(2021年 ロイター/Susan Mullane-USA TODAY Sports)

[4日 ロイター] - 女子テニスの元ウィンブルドン選手権覇者マリオン・バルトリが4日、メンタルヘルスの問題を理由にことしの全仏オープン(OP)を棄権した大坂なおみ(23)のウィンブルドンへの出場可否について、懸念を示した。

四大大会で4回の優勝経験を持つ大坂は、精神的な健康を守る必要があるとして全仏OPでの会見出席を拒否。罰金処分を科され、大会から追放される可能性を提示された中で大会を棄権し、3年前からうつ病に悩まされていることを明かした。

バルトリは解説者として出演したITVスポーツで、「こんなことになるとは予想していなかった。なおみの状況がここまで悪いとは思わなかった」とコメント。

今月29日に開幕することしのウィンブルドンへ向けて、「女子テニス、そしてテニス全体のために、彼女がウィンブルドンに出場することを願っている。彼女はとても大きなスターで、世界中の人々が共感している」との希望を語る一方で、「疑問符がたくさんついている。彼女がそこ(ウィンブルドン)にいるかどうかは分からない」とも話し、女子テニスのツアーを統括するWTAと国際テニス連盟(ITF)は、解決策を模索しているだろうとの見解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up