Reuters logo
テニス=ドーピング違反のシャラポワ、CASが裁定決定へ
October 4, 2016 / 1:57 AM / a year ago

テニス=ドーピング違反のシャラポワ、CASが裁定決定へ

[3日 ロイター] - スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、ドーピング違反による2年間の資格停止処分に対して不服申し立てを行った女子テニスの元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(29、ロシア)について、4日に裁定を下すと発表した。

 10月3日、スポーツ仲裁裁判所は、ドーピング違反による2年間の資格停止処分に対して不服申し立てを行った女子テニスの元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(写真)について、4日に裁定を下すと発表した。メルボルンで1月撮影(2016年 ロイター/John French)

国際テニス連盟(ITF)は6月、シャラポワを資格停止処分とした。同選手は1月の全豪オープンで行われたドーピング検査で、禁止薬物メルドニウムに陽性反応を示していた。

シャラポワは処分の取り消し、または軽減を求めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below