September 29, 2014 / 4:12 AM / 5 years ago

テニス=マリーが1年以上ぶりの優勝、深セン・オープン

 9月28日、男子テニスの深セン・オープン、シングルス決勝、第2シードのマリー(写真)が第4シードのトミー・ロブレドを5─7、7─6、6─1で下し、昨年のウィンブルドン選手権以来、1年以上ぶりに優勝した(2014年 ロイター/Alex Lee)

[28日 ロイター] - 男子テニスの深セン・オープンは28日、深センでシングルス決勝を行い、第2シードのアンディ・マリー(英国)が第4シードのトミー・ロブレド(スペイン)を5─7、7─6、6─1で下し、昨年のウィンブルドン選手権以来、1年以上ぶりに優勝した。

マリーは第2セットのタイブレークでマッチポイントを5回しのぎ、逆転勝ち。「苦しい戦いだったが、第2セット終盤に運が向いた」と語った。

世界ランク11位のマリーは250ポイントを加え、最終戦のATPワールドツアー・ファイナルズ出場をめぐるランキングで10位に浮上。ポイント上位8選手までが出場でき、マリーは8位のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)に105ポイント差に迫った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below