August 31, 2019 / 1:41 AM / 17 days ago

テニス=全米OP、錦織は3回戦敗退 フェデラーらは勝利

 テニスの四大大会最終戦、全米オープンの男子シングルス3回戦、第7シードの錦織圭(写真)はアレックス・デミノーに2─6、4─6、6─2、3─6で敗れた(2019年 ロイター/Danielle Parhizkaran-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 30日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは30日、ニューヨークで男子シングルス3回戦の試合を行い、世界ランク7位で第7シードの錦織圭は同38位のアレックス・デミノー(20、オーストラリア)に2─6、4─6、6─2、3─6で敗れた。

錦織のパフォーマンスはベストからはほど遠く、ダブルフォールトは7回、アンフォーストエラーは60回を数えた。

昨年の同大会ではマリン・チリッチ(クロアチア)にフルセットの末に敗れていたデミノーは、「観客のサポートが素晴らしかった。やっと勝利を手にすることができてうれしい」と述べた。

そのほか、第3シードのロジャー・フェデラー、第23シードのスタン・バブリンカ(ともにスイス)、第15シードのダビド・ゴフィン(ベルギー)が勝ち上がった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below