September 8, 2018 / 2:30 AM / 11 days ago

テニス=大坂、憧れのセリーナとの決勝は「試合に集中」

[ニューヨーク 7日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦することになった大坂なおみ(20)は、憧れの選手と戦うことよりも、試合自体に集中して臨みたいと述べた。

 9月7日、テニスの全米オープン、女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズと対戦することになった大坂なおみ(写真)は、試合自体に集中して臨みたいと述べた。ニューヨークで6日撮影(2018年 ロイター/Danielle Parhizkaran-USA TODAY SPORTS)

大坂は6日の準決勝、マディソン・キーズ(米国)戦を終えた後、セリーナとの決勝戦が実現したことについて「現実離れしているような感覚。グランドスラム決勝でいつかセリーナと戦いたいと、子どものころからずっと夢見ていた」と語った。

そして大坂は今回の機会を楽しみながらも、「私のアイドルだとは思わず、ひとりの対戦相手としてプレーするようにしたい」とし、数ある試合のひとつとしてとらえなければならないと述べた。

大坂は3月のマイアミ・オープンでセリーナと対戦し、その時は6─3、6─2で勝利。その経験が得られたことはよかったとし、「彼女がすばらしい選手なのはすでに分かっていることなので、プレーの出来に驚かされないようにしたい」とコメントした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below