for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=全米オープン、前回女王の大坂は2回戦進出

テニスの四大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス1回戦、大会2連覇を目指す世界ランク1位で第1シードの大坂なおみ(写真)は同84位のアンナ・ブリンコワを6─4、6─7、6─2で下し、2回戦進出を決めた(2019年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 27日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは27日、ニューヨークで女子シングルス1回戦の試合を行い、大会2連覇を目指す世界ランク1位で第1シードの大坂なおみ(21)は同84位のアンナ・ブリンコワ(ロシア)を6─4、6─7、6─2で下し、2回戦進出を決めた。

大坂はコート上のインタビューで、「人生でこれほど緊張したことはないと思う」と述べ、「彼女(ブリンコワ)は素晴らしいプレーをしたが、私はとてもスロースタートだった。最後までリズムがあまりつかめなかった。全力を尽くして戦い、なんとか勝つことができた」と続けた。

大坂は29日の2回戦で、世界53位のマグダ・リネッテ(ポーランド)と対戦する。

そのほか、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第6シードのペトラ・クビトバ(チェコ)、第7シードのキキ・ベルテンス(オランダ)らはそれぞれ勝ち上がった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up