July 11, 2018 / 12:55 AM / 2 months ago

テニス=セリーナ逆転勝利、ウィンブルドン女子4強出そろう

[ロンドン 10日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで試合を行った。女子シングルス準々決勝では、同大会8回目の優勝を目指すセリーナ・ウィリアムズ(米国)がカミラ・ジョルジ(イタリア)を3―6、6―3、6―4で下した。

 7月10日、テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権の女子シングルス準々決勝で、同大会8回目の優勝を目指すセリーナ・ウィリアムズ(写真)がカミラ・ジョルジを3─6、6─3、6─4で下した。

第25シードのセリーナは、昨年は妊娠により欠場したが、同選手権で2015年から無敗を続けている。第1セットを落とす展開だったが、セリーナは「落ち着きを失わなかった」と述べ、試合全体ではアンフォーストエラーをわずか9本にまとめた。

他では、第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)、第12シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)、第13シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)がそれぞれ勝利して4強が出そろった。

12日の準決勝ではセリーナとゲルゲス、ケルバーとオスタペンコが対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below