August 22, 2018 / 3:03 AM / 3 months ago

テニス=全米オープン、セリーナが第17シード 産休明けを考慮

 8月21日、テニスの全米オープン(OP)主催者は、世界ランク26位のセリーナ・ウィリアムズが、今月27日から開幕する同大会に第17シードで出場することを発表した。ロンドンで7月代表撮影(2018年 ロイター)

[21日 ロイター] - テニスの全米オープン(OP)主催者は21日、出産を経てツアー復帰を果たした世界ランク26位のセリーナ・ウィリアムズ(36、米国)が、今月27日から開幕する同大会に第17シードで出場することを発表した。

元世界ランク1位のセリーナは昨年の同大会では妊娠を理由に欠場。ことし3月のツアー復帰後は徐々に調子を上げており、ウィンブルドン選手権では準優勝を果たした。

通常、世界ランクを基準に女子のシード枠は決定されるが、セリーナは自身の現順位より9つ上のシードを獲得。全米テニス協会のカトリナ・アダムス会長はことし6月に、シード順位を決める際のポリシーを更新し、選手が産休明けであることを考慮に入れると述べていた。

同選手は復帰後初めて臨んだ四大大会の全仏OPではノーシード、ウィンブルドン選手権では第25シードで出場した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below