April 28, 2019 / 1:26 AM / in 5 months

テニス=大坂は腹筋痛で準決勝を棄権、ポルシェGP

 4月27日、女子テニスの世界ランク1位、大坂なおみは、ドイツのシュツットガルトで行われているポルシェ・グランプリのシングルス準決勝を腹筋のけがで棄権した(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[27日 ロイター] - 女子テニスの世界ランク1位、大坂なおみは27日、ドイツのシュツットガルトで行われているポルシェ・グランプリのシングルス準決勝を腹筋のけがで棄権した。

大坂は第1シードとして出場。準決勝で第8シードのアネット・コンタベイト(エストニア)と対戦する予定だった。前日にドナ・ベキッチ(クロアチア)をフルセットで下していた。

大坂は「今日の準決勝に出場できなくなり、申し訳ない」とコメント。「残念ながら昨日けがをしてしまい、今日まで様子をみていた。しかし状態はよくならなかった」と説明した。

決勝ではコンタベイトが第3シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below