January 5, 2019 / 2:54 AM / in 3 months

テニス=深センOPでシャラポワが太もも負傷、全豪へ暗雲

[4日 ロイター] - 女子テニスの深セン・オープンは4日、深センでシングルス準々決勝を行い、元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(ロシア)が第1シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)との試合で太ももを痛め途中棄権した。

シャラポワは第1セットを1─6で落とした後にメディカルタイムアウトを要求。セット間に治療を受けたが第2セットの第6ゲームを終えて2─4とリードされたところで棄権した。

2008年全豪オープン優勝の実績を持つシャラポワだが、ドーピング規定違反による1年3カ月の出場停止処分が明けて復帰後、四大大会では苦しい結果が続いている。

全豪オープンはメルボルンで14日に開幕する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below