for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=大坂がセリーナに勝利、決勝進出 全豪オープン

 2月18日、テニス全豪オープンは女子シングルス準決勝を行い、第3シードの大坂なおみ(写真)は、第10シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6─3、6─4で勝利した(2021年 ロイター/Asanka Brendon Ratnayake)

[メルボルン 18日 ロイター] - テニスの四大大会初戦、全豪オープンは18日、メルボルンで女子シングルス準決勝を行い、第3シードの大坂なおみは、第10シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6─3、6─4で勝利した。

大坂は試合最初のゲームでブレークを許す展開に「立ち上がりに多くのエラーをしてしまいナーバスになった」と振り返ったが、ペースを取り直し5ゲームを連取して第1セットの獲得につなげた。

第2セットでは逆に最初のゲームで大坂がブレークに成功したものの、セリーナもブレークバックに成功。4─4からの第9ゲームでセリーナがダブルフォールトを犯すミスが出ると、大坂がブレークしてそのまま押し切った。

2018年の全米オープン決勝と同じ顔合わせになったこの試合は、新型コロナウイルスへの対策として行われた5日間のロックダウンに伴う無観客が終了し、観客の入る最初のゲームになった。

20日の決勝では、大坂は第22シードのジェニファー・ブレイディ(米国)─第25シードのカロリナ・ムホバ(チェコ)の勝者と対戦する。

*情報を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up