September 26, 2019 / 3:20 AM / 22 days ago

テニス=武漢OPでバーティらが準々決勝へ進出、ハレプは負傷棄権

[25日 ロイター] - 女子テニスの武漢オープン(OP)は25日、中国の武漢でシングルス3回戦を行い、世界ランキング1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)らが準々決勝に駒を進めた。

第1シードのバーティはソフィア・ケニン(米国)と対戦し、6─3、7─5でストレート勝ち。準々決勝でペトラ・マルティッチ(クロアチア)との対戦が決まった。

また、ウィンブルドン選手権の優勝者で第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)は、第1セットで4─5のビハインドを背負った時点で棄権。報道陣に対して「腰の負傷。筋肉系の問題だと思うが、まだ検査をしていないので確実なことは言えない」と話した。ハレプは昨季終盤にヘルニアを患い、WTAファイナルへの出場を逃している。

そのほかでは、第3シードのエレナ・スビトリナ(ウクライナ)と第5シードのペトラ・クビトバ(チェコ)は順当に勝ち上がったものの、第2シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)、第6シードのキキ・ベルテンス(オランダ)らは敗退した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below