for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ズベレフ、けがから復帰ずれ込み 長期化の懸念

男子テニスで世界ランキング5位のアレクサンダー・ズベレフが、骨髄浮腫の問題を抱えているために復帰時期が予定よりも遅れると明らかにした。パリで6月撮影(2022年 ロイター)

[13日 ロイター] - 男子テニスで世界ランキング5位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が12日、骨髄浮腫の問題を抱えているために復帰時期が予定よりも遅れると明らかにした。

ズベレフは6月、全仏オープン準決勝のラファエル・ナダル(スペイン)戦で右足首の靱帯を損傷し、手術を受けた。今週行われる国別対抗戦のデビスカップではドイツ代表メンバーに入っていたが、辞退した。

デビスカップ公式サイトで「今週プレーできなくなりとても残念。自分の故郷であるここでプレーすることは、私にとって大きな目標だったが仕方がない」とコメント。「骨髄浮腫が見つかり、参加できなくなった。数日の問題ではなく、数週間、高い確率で数カ月かかる可能性がある」と続けた。

ズベレフは6月に自己最高となる世界ランク2位に浮上していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up