June 11, 2019 / 2:28 AM / 2 months ago

テニス=ナダルらベテラン勢、男子ツアーで衰え知らず

 男子テニスの四大大会でロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル(写真)とノバク・ジョコビッチが圧倒的な強さを発揮するようになってから15年以上。ベテランとなった今も3人の勢いに衰えはない。パリで9日撮影(2019年 ロイター/Susan Mullane-USA TODAY Sports)

[ロンドン 10日 ロイター] - 男子テニスの四大大会でロジャー・フェデラー(37、スイス)、ラファエル・ナダル(33、スペイン)とノバク・ジョコビッチ(32、セルビア)が圧倒的な強さを発揮するようになってから15年以上。ベテランとなった今も3人の勢いに衰えはない。

ナダルは9日、全仏オープン決勝でドミニク・ティエム(25、オーストリア)に圧勝。同大会12回目の優勝を達成した。歴代最多20回の四大大会優勝を誇るフェデラーは準決勝でナダルに敗れたが、それまで素晴らしいテニスをして勝ち上がった。

四大大会15勝を記録しているジョコビッチも準決勝で敗退。惜しくも四大大会4連勝を逃した。フェデラーが21歳で初めて制した2003年のウィンブルドン選手権から数えて、四大大会は64回実施されている。そのうち53大会で、この3人の誰かが優勝している。

世界ランクではジョコビッチが1位、ナダルが2位、フェデラーが3位。4位のティエムは四大大会での優勝経験がない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below