August 29, 2018 / 3:58 AM / 3 months ago

NYで猛暑続く、テニス全米オープンは特例の「猛暑休憩」適用

 8月28日、テニスの全米オープンで猛暑が2日連続となったことから、主催者が選手に試合途中の休憩を認める特例を適用した。写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)(2018年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - テニスの全米オープンで猛暑が2日連続となったことから、主催者が28日に選手に試合途中の休憩を認める特例を適用した。

この日は高い湿度のなか気温が32度を上回り、全米テニス協会(USTA)は、第2セットと第3セットの間に女性選手に認めている10分間の休憩を男子選手にも認めると発表、「男子選手については第3セットと第4セットの間に10分間の休憩を認める」とした。

そのうえで、「審判員と医療チームが状況を監視し、(特例)適用を終わらせるタイミングを判断する」と説明した。

USTAの広報担当者によると、28日の1回戦では2人以上の選手が暑さのため棄権した。

29日も猛暑と高湿度が予想されている。

2011年に優勝したサマンサ・ストーサー(オーストラリア)は、1回戦に敗北した後、「みんないつもメルボルンがどれほど暑いかと話しているが、全米オープンははるかにひどい」と語った。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below