October 31, 2019 / 2:44 AM / 19 days ago

テニス=アンドリースクが負傷棄権、WTAファイナル

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナルは30日、中国の深センでシングルス1次リーグを行い、ことしの全米オープンを制したビアンカ・アンドリースク(写真)がカロリナ・プリスコバ戦で負傷棄権した(2019年 ロイター/Aly Song)

[香港 30日 ロイター] - 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナルは30日、中国の深センでシングルス1次リーグを行い、ことしの全米オープンを制したビアンカ・アンドリースク(カナダ)がカロリナ・プリスコバ(チェコ)戦で負傷棄権した。

第1セットをプリスコバが6─3で奪ったところで、アンドリースクがひざの負傷により棄権した。アンドリースクは「リターンをするときに、変な足の踏み方をしてしまった」と述べた。

アンドリースクは負傷について「ひざが割れる音を聞いた。体重をかけると本当に気になった。かろうじてひざを曲げられる状態だった」と説明。「できる限り痛みと戦った。しかし、アスリートにはストップと言って自分の体の声を聞かなければならない時がある。それが私のしたことだ」と述べた。

もう1試合では、エリナ・スビトリナ(ウクライナ)がシモナ・ハレプ(ルーマニア)に7─5、6─3のストレートで勝利した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below