May 7, 2015 / 2:27 AM / 3 years ago

テニス=アザレンカ、セリーナ追い詰めるも自滅し8強逃す

[6日 ロイター] - テニスのマドリード・オープンは6日、マドリードで女子シングルス3回戦を行い、世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)がビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に苦戦しながらも7─6、3─6、7─6で勝利し、8強に進んだ。

 5月6日、テニスのマドリード・オープン、女子シングルス3回戦、世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(写真)がビクトリア・アザレンカに苦戦しながらも7─6、3─6、7─6で勝利し、8強に進んだ(2015年 ロイター/Susana Vera)

元世界ランク1位のアザレンカは最終セット6─5とした自身のサービスゲームで40─0としマッチポイントを握ったが、40─30と挽回され、さらに3連続ダブルフォールトで自滅しこのゲームを落とした。続くタイブレークをセリーナが制した。

前回王者で第3シードのマリア・シャラポワ(ロシア)、第4シードのペトラ・クビトバ(チェコ)も準々決勝に進出。

第5シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)は第9シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)に勝利。第10シードのカルラ・スアレスナバロ(スペイン)は第7シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)を破った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below