December 24, 2019 / 12:50 AM / a month ago

刑務所で強制労働とクリスマスカードで告発、中国は報道否定

[北京/ロンドン 23日 ロイター] - 中国は23日、国内の刑務所で強制労働させられているとのメッセージが書かれたクリスマスカードが英国で販売されたとの前日の報道を受け、強制労働の報道を否定した。カードは受刑者が封入したとみられ、英国で販売されたものの中に混じっていたという。

サンデー・タイムズ紙は、英スーパー大手テスコ(TSCO.L)で買ったチャリティーカードの中にメッセージが書かれたものがあるのを少女が発見したと報道。カードには、「われわれは中国・上海の青浦刑務所に収監されている外国人受刑者。意思に反して労働させられている」と書かれていた。

同紙によると、メッセージには、受け取った人に対し、英国の元ジャーナリストで企業不正の調査員であるピーター・ハンフリー氏に連絡してほしいと書かれていた。ハンフリー氏は、2014─15年に同じ刑務所に収監されていた。

テスコは22日、クリスマスカードを供給していた中国の業者の業務を一時停止。調査を開始したと表明した。

中国外務省の耿爽報道官は、23日の記者会見で、「責任を持って言える。関連機関によると、上海の青浦刑務所において、外国人受刑者が強制労働を強いられているとの事案は発生していない」と述べた。

また、一連の報道は「ハンフリー氏が演出した狂言」と一蹴した。

一方ハンフリー氏はこれを否定。ロイターに、「この事象についても報道についても、狂言をでっち上げる手段はまったく存在しなかった。メッセージが書かれたカードは、私がこれまでに会ったこともなければ、その瞬間まで知ることもなかった家族が購入したカードの中に入っていた」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below