May 16, 2019 / 3:37 AM / 8 days ago

米テスラ、EVバッテリーのソフト更新 発火受け

 5月15日、米電気自動車(EV)メーカーのテスラは、上海と香港で最近起きた「モデルS」の発火を受け、バッテリーのソフトウエアを更新する方針を明らかにした。写真はテスラのロゴ。台北で2017年8月撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

[15日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラ(TSLA.O)は、上海と香港で最近起きた「モデルS」の発火を受け、バッテリーのソフトウエアを更新する方針を明らかにした。発火の原因については引き続き調査中とした。

15日の発表文書で「原因解明の調査が続く間、念のため、モデルSとモデルXのバッテリーのさらなる保護とバッテリー寿命の向上に向けソフトウエアのアップデート配信を今日開始し、充電と温度管理の設定を更新する」と説明した。

香港の蘋果日報は14日、香港のショッピングセンターの駐車場で12日にテスラ製のEVが発火したと報じた。[nL4N22Q1MF]

これについてテスラは、当局とのこれまでの調査では発火したEVのバッテリーモジュールに多少のダメージがあったものの、バッテリーパックはほとんど無傷だったことが分かったとしている。

テスラは4月、上海で停車中のモデルSが炎上する様子を捉えた動画が中国のソーシャルメディアに投稿されたことを受け、調査チームを派遣したことを明らかにした。[nL3N2240GV]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below