April 4, 2019 / 5:12 PM / 19 days ago

米テスラ、社債や株価が急落 第1四半期の納入台数低迷受け

 4月4日、米電気自動車メーカー、テスラの社債が急落。過去7カ月で最大の値下がりとなった。第1四半期の納車台数が予想を超える落ち込みとなったことが背景。ニューヨークで2016年4月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[4日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ(TSLA.O)の社債が急落。過去7カ月で最大の値下がりとなった。第1四半期の納車台数が予想を超える落ち込みとなったことが背景。

テスラのジャンク債(2025年8月償還、利回り5.3%)のビット価格は2.26セント安の85.1セントと、下落幅は昨年9月以降で最大。利回りは欧州時間で約0.5%ポイント上昇の8.37%。

テスラの5年物クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)も昨年10月以降で最大の上昇となった。

株価も序盤の取引で約10%安。「モデルS」と「モデルX」の納入台数が第4・四半期から半分以下となり、少なくとも証券4社が収益性や売上高への懸念を理由に目標株価を引き下げた。

RBCはモデルSとモデルXの納車台数について「非常に失望的」とし、これにより売上高が従来予想より10億ドル以上減少すると予想した。

ただ投資判断の引き下げはない。同社をカバーしている証券会社30社のうち、「バイ」以上が12社、「ホールド」が7社、「セル」以下が11社。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below