August 30, 2019 / 6:20 AM / 24 days ago

テスラ、中国で値上げ 背景に元安

[上海 30日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラは、中国で一部の車種を値上げした。人民元が約10年ぶりの安値に下落していることが背景。

30日時点の同社の中国のウェブサイトによると、スポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」の販売価格は80万9900元(11万4186ドル)から。従来は79万0900元からとなっていた。

大衆向けの「モデル3」(ロングレンジ、デュアルモーター)は 43万9900元。従来は42万9900元だった。

テスラは現在、中国で販売する車両をすべて輸入しており、米中貿易戦争の影響を受けて、過去1年で複数回の価格調整を強いられている。

複数の関係筋は今週、テスラが人民元相場の先行き不透明感を理由に中国で値上げするとの見通しを示していた。中国が米国製自動車に対する関税を発動すれば、12月にも追加の値上げに踏み切ることを検討しているという。

テスラは現在、初の海外工場を上海に建設中で、貿易戦争の影響を最小限に抑える助けになるとみられる。上海工場は年内に生産を開始する予定。同社によると、当初はモデル3を週3000台生産できる体制となる見通し。

テスラは国別の販売台数を公開していないが、コンサルティング会社LMCオートモティブは、今年1─7月の中国での販売を2万3678台と推計。うち1万7451台がモデル3という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below