June 27, 2018 / 3:32 AM / 5 months ago

テスラ「モデルS」事故後、バッテリーが2回再発火=米運輸安全委

 6月27日、5月8日に米フロリダ州で発生した電気自動車(EV)大手テスラの「モデルS」の衝突事故で、消防隊員が当初の車両火災を消した後、2回再発火したことが、運輸安全委員会(NTSB)の26日付の中間報告で明らかになった。写真は「モデルS」。ソウルで昨年7月撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ワシントン 26日 ロイター] - 5月8日に米フロリダ州で発生した電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の「モデルS」の衝突事故で、消防隊員が当初の車両火災を消した後、2回再発火したことが、運輸安全委員会(NTSB)の26日付の中間報告で明らかになった。

報告書によると、消火後にEVを現場から撤去中、バッテリーが再発火して直ちに消され、「保管場所に到着後にバッテリーがまた発火した」が、これもすぐに消火されたという。

テスラは報告についてコメントを控えたが、同社のEVはガソリン車と比べて発火の確率は極めて低いと主張している。

今回の事故のほかにも、衝突事故後のテスラ車のバッテリーが再発火した例が複数報告されている。3月にカリフォルニア州で起きた死亡衝突事故では、衝突から5日後に保管場所で車両のバッテリーが再発火し、消防が消火にあたった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below