June 8, 2018 / 3:54 AM / 16 days ago

テスラ自動運転車死亡事故、ハンドル握られておらず=米当局

[ワシントン 7日 ロイター] - 今年3月23日に米カリフォルニア州で起きた電気自動車メーカー、テスラ(TSLA.O)の乗用車の死亡事故で、乗用車は運転支援機能「オートパイロット」で走行しており、運転手は事故直前の6秒間にハンドルを握っていなかったことが分かった。米運輸安全委員会(NTSB)が7日、事故原因調査の中間報告を公表した。

 6月7日、今年3月23日に米カリフォルニア州で起きた電気自動車メーカー、テスラの乗用車の死亡事故で、乗用車は運転支援機能「オートパイロット」で走行しており、運転手は事故直前の6秒間にハンドルを握っていなかったことが分かった。写真はテスラ車のオートパイロット。カリフォルニア州ソラナビーチで1日撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

運転手の男性(38)は事故直後、病院に運ばれたが、死亡が確認された。事故の直前、2度の警告表示と1度の警告音で注意が促されていた。

事故直前の3秒間、乗用車は時速62マイル(約99キロ)から71マイル(約114キロ)程度で走行していたことも明らかになった。

オートパイロットは運転機能の一部を支援し、運転手はハンドルから手を離すことも可能。ただテスラは、オートパイロットで走行中もドライバーにハンドルを常時握っているよう求めているという。

今回の報告について、テスラからはコメントを得られていない。ただテスラは3月、ドライバーは事故直前にブレーキを踏んでおらず、危険回避行動を取らなかったと説明していた

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below