September 4, 2019 / 4:48 AM / in 3 months

テスラ車の追突事故、運転支援機能作動中と判明=米NTSB

9月3日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラの「モデルS」が停車中の消防車に追突した昨年1月のカリフォルニア州での事故では、安全運転支援システムの「オートパイロット」が作動中で、運転者の手はハンドルから離れていた。写真はモデルS車内。米カリフォルニア州パロアルトで2015年10月撮影(2019年 ロイター/Beck Diefenbach)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ(TSLA.O)の「モデルS」が停車中の消防車に追突した昨年1月のカリフォルニア州での事故では、安全運転支援システムの「オートパイロット」が作動中で、運転者の手はハンドルから離れていた。米運輸安全委員会(NTSB)が3日、ウェブサイトに投稿した報告書で明らかにした。

報告書によると、2014年式モデルSが消防車に追突する前の13分48秒間にわたってオートパイロットが作動しており、運転者は後半の合わせて51秒間を除いてハンドルから手を離しており、この間手をハンドルに戻すよう何度も警告を受けていた。追突直前の3分41秒間、システムはハンドル上の運転者の手を検出しなかった。

テスラ車は時速21マイル(時速33.8キロ)程度で先行車を追って走行していたが、先行車が車線変更した後、加速し始めて時速30.9マイルで消防車にぶつかった。

この事故で、消防車に人は乗っておらず、運転者にもけがはなかった。

NTSBは4日、衝突の推定原因について詳細を発表する計画。

取材に対し、テスラのコメントは得られていない。

テスラ車が絡む米国で発生した死亡衝突事故は、少なくとも3件でオートパイロットが関係していた。このうち、フロリダ州デルレイビーチとカリフォルニア州マウンテンビューで昨年3月に起きた2件については、現在NTSBと米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が調査を進めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below