for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テスラ、第3四半期納車が過去最高 モデル3が予想届かず

米電気自動車(EV)メーカー、テスラが2日公表した第3・四半期の納車台数は13万9300台と、四半期で過去最高となった。写真は7月23日撮影(2020年 ロイター/Evgenia Novozhenina)

[2日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラTSLA.Oが2日公表した第3・四半期の納車台数は13万9300台と、四半期で過去最高となった。

リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均13万4720台をやや上回ったものの、強気の予想は下回った。

納車は、量産型セダン「モデル3」とスポーツ用多目的車(SUV)「モデルY」の合計で12万4100台。12万8000台の予想をやや下回った。アナリストの一部は、モデルYの投入によりモデル3の需要が弱まるとみていた。

テスラは今年、第3・四半期を含め約31万8000台を納車したが、年末までの野心的な目標である50万台に届くには、第4・四半期に18万2000台近くを納めなくてはならない。

第3・四半期の総生産台数は、前四半期比76%増の14万5036台だった。

テスラは、カリフォルニア州の工場での生産が増え、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以前に戻ったと発表。工場は3月末から5月まで稼働を停止していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up