March 22, 2019 / 4:58 AM / a month ago

テスラCEO、第1四半期末は納車が「最優先」 欧州・中国向け急増

 3月21日、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は社員向けメールで、第1・四半期の残る10日間は欧州、中国、北米で予定されている納車を「最優先事項」にするよう全社員に訴えた。写真は北京の港に並ぶテスラ車。2月に撮影。提供写真(2019年 ロイター)

[21日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は21日の社員向けメールで、第1・四半期の残る10日間は欧州、中国、北米で予定されている納車を「最優先事項」にするよう全社員に訴えた。

ロイターが確認したメールでマスク氏は、北米と同時進行でアジアと欧州の両大陸で納車が予定されているのは同社にとって初めてで、このようなストレスを伴う状況は今後繰り返されることはないと説明した。

「この(納車目標)を特に困難にした要因は、欧州と中国で同時に、北米で昨年見られたのと同様の納車台数の急増が起きているからだ」としている。1日当たりの納車台数は前回のピークを600%超上回っているという。

テスラはこれ以上のコメントを差し控えた。

ロイターは2月に、テスラによる1月の人員削減は北米の顧客への納車を担当する部門への影響が特に大きく、短期的に納車ペースが鈍ることが見込まれると伝えていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below