November 14, 2019 / 3:07 AM / a month ago

米テスラ、ベルリンでの工場建設はブレグジットが理由=マスク氏

 11月13日、米テスラのイーロン・マスクCEOは自動車専門サイト、オート・エクスプレスに対し、英国はEU離脱により同社の欧州初となる大規模工場を誘致する好機を逃したと述べた。写真はテスラのモデルX。11月13日、ドイツのベルリンで撮影(2019年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ロンドン 13日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラTSLA.oのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は13日、自動車専門サイト、オート・エクスプレスに対し、英国は欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)により同社の欧州初となる大規模工場を誘致する好機を逃したと述べた。

同社は先に、ベルリン近郊の土地を新たなデザインセンターと、電池、駆動装置および自動車を生産する工場建設地に選定したと発表。ベルリンの経済問題担当当局者は、これにより、生産部門だけで6000─7000人、デザイン、ソフトウエア、リサーチの部門で数百人から数千人の雇用が創出される可能性があると述べた。

マスクCEOは、「ブレグジット(に伴う不透明感)により、ギガファクトリーを英国に建設するにはリスクが高過ぎる状況となっている」と説明した。

テスラ関係者のコメントは得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below