June 21, 2018 / 2:05 AM / a month ago

米テスラ、欧州の電池工場候補地はドイツが最有力=CEO

[ストックホルム 20日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は19日、ツイッターへの投稿で、同社が欧州に初めて建設する「ギガファクトリー」(リチウムイオン電池工場)の候補地としてドイツが最有力との見方を示した。

 6月20日、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は19日、ツイッターへの投稿で、同社が欧州に初めて建設する「ギガファクトリー」(リチウムイオン電池工場)の候補地としてドイツが最有力との見方を示した。写真はテスラのロゴ。昨年12月にニューヨークで撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

マスク氏は「欧州ではドイツが最も有力な選択肢だ。恐らく、ベネルクス3国に近いドイツとフランスの国境が条件にかなう」とした。

テスラは既にドイツのプリュムに事業拠点を構えている。プリュムはベルギーから30キロメートル、フランスとの国境からは約100キロメートルの地点にある。

プリュムの事業所は、テスラ傘下のグローマン・エンジニアリング社の本社で、バッテリー生産プラント向けの自動製造システムに特化している。グローマンは最近、EVセダン「モデル3」の生産を加速するため、米ネバダ州リノにあるテスラのギガファクトリー向けの生産ラインを構築した。

ネバダ州のギガファクトリーはテスラとパナソニック(6752.T)が共同運営している。

テスラが欧州でギガファクトリーをパナソニックと共同で建設するかどうかは明らかではない。

テスラのドイツ部門の広報担当者は、マスク氏の投稿に関するロイターの取材に応じていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below