March 25, 2019 / 10:27 PM / 2 months ago

テスラのモデル3生産訴訟、米裁判所が株主の訴え再び退ける

 3月25日、米電気自動車メーカーのテスラが量産型セダン「モデル3」の生産を巡り投資家の誤解を招いたとして、株主らが同社を証券詐欺で訴えた裁判で、サンフランシスコの連邦地裁は原告の請求を再び退ける判断を下した。11日撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[サンフランシスコ 25日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラ(TSLA.O)が量産型セダン「モデル3」の生産を巡り投資家の誤解を招いたとして、株主らが同社を証券詐欺で訴えた裁判で、サンフランシスコの連邦地裁は原告の請求を再び退ける判断を下した。

判事は昨年8月、当初の訴えを退けていたが、訴えの修正を原告に認めていた。

原告側は、モデル3生産を巡り幹部らが強気の見方を示して投資家に誤解を与えたため、株主らは価格が「人工的に膨らんだ」株式を購入したと主張していた。

判事は、原告による証券詐欺の主張について、生産リスクに関するテスラの度重なる警告を無視したものと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below