June 6, 2018 / 12:18 AM / 6 months ago

米テスラCEO、モデル3の週間5000台生産達成に自信

 6月5日、米電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOは、セダン車「モデル3」の生産台数を6月末までに週間5000台に引き上げるという目標の達成は「可能性がかなり大きい」と語った。写真は同社ロゴ。カリフォルニア州で1日撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[5日 ロイター] - 米電気自動車大手テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は5日、セダン車「モデル3」の生産台数を6月末までに週間5000台に引き上げるという目標の達成は「可能性がかなり大きい」と語った。年次株主総会における発言。

テスラにとって長期的な収益性の面でモデル3は不可欠の存在だが、これまでなかなか増産が軌道に乗らず、顧客への納車が遅れたり、資金繰りを巡る懸念が高まるといった問題に直面している。

こうした中でマスク氏は、現時点で生産ラインが週間3500台を製造できる能力がある点を指摘した上で「これまでの数カ月は私が経験した中で最悪の時間だったものの、われわれはそこ(週間5000台)に向かいつつあると思う」と強調した。

株主総会で提案された、マスク氏が兼任している会長とCEOの職務分離は否決された。また投資アドバイザーCtWインベストメント・グループが株主に不信任を表明するよう呼び掛けていた3人の取締役は、再任が支持された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below