March 13, 2019 / 12:28 AM / 6 months ago

米SEC、ツイートが合意違反でないと主張するマスク氏に返答へ

 3月12日、米電気自動車テスラの生産見通しに関するイーロン・マスクCEOのツイートが和解合意に違反したと米証券取引委員会(SEC)が訴えている問題で、SECはマスク氏に返答することを裁判所から許可された。写真はテスラのロゴと広告。ロンドン西部のショールームで1日に撮影(2019年 ロイター/Toby Melville)

[12日 ロイター] - 米電気自動車テスラ(TSLA.O)の生産見通しに関するイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のツイートが情報開示に関する昨年の和解合意に違反したと米証券取引委員会(SEC)が訴えている問題で、SECは12日、ツイートが合意違反にあたらないとするマスク氏に返答することを裁判所から許可された。

SECは3月19日までの意見表明が認められた。判事はまた、SECとマスク氏の双方に対し、3月26日まで証拠審問を要求できるとした。

マスク氏は2月19日付のツイートで、2019年のテスラの生産台数が約50万台になるとの見通しを表明。SECはこれが昨年に問題となった投稿を巡る9月の和解合意に違反したとして、裁判所に法廷侮辱罪を申し立てていた。

一方、マスク氏は今週11日、「たった1件の重要でない」ツイートは合意違反にはあたらないと主張。マスク氏の弁護団は、今回の投稿内容は幹部らの情報発信に関するテスラの方針に沿っているとした上で、合意違反はなく、侮辱罪には該当しないとの考えを示している。

テスラ株は12日、2.6%安で引けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below