for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テスラ株が寄り前取引で下落、マスク氏のツイッター投票受け

8日の米国市場の寄り前取引で米電気自動車(EV)大手テスラの株価が7.5%下落した。マスク最高経営責任者(CEO)がツイッター上での投票を受けて保有するテスラ株の約1割を売却するとしたことを受けた。シンガポールで10月撮影。(2021年 ロイター/Edgar Su)

[8日 ロイター] - 8日の米国市場の寄り前取引で米電気自動車(EV)大手テスラの株価が7.5%下落した。マスク最高経営責任者(CEO)がツイッター上での投票を受けて保有するテスラ株の約1割を売却するとしたことを受けた。

マスクCEOは7日、ツイッターのユーザーが売却案を承認すれば持ち株の1割を処分するとツイート。投票には350万人以上が参加し、57.9%が売却を支持した。

テスラ株は6.2%安の1146.43ドル。フランクフルト市場上場株は約7%安の989.10ユーロ。

ロイターの算出では6月30日時点でマスク氏が保有するテスラ株は約1億7050万株で、5日終値に基づけば10%を売却した場合、210億ドル近くになる。

エクイティ・キャピタル(ロンドン)の市場アナリスト、デビッド・マッデン氏は「下げはあまり長くは続かないだろう。テスラはこうした売りから驚異的な反発を経験してきたからだ」と述べた。

投資家はマスク氏によるツイッター投票への規制当局の反応にも注目。米証券取引委員会(SEC)は株式非公開化を巡るマスク氏の2018年ツイッター投稿を受け、投稿などに注意するよう命じた経緯がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up