for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスク氏、テスラ非公開化巡るツイート「悪意ない」と証言

[サンフランシスコ 24日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラの株式非公開化計画を巡る集団訴訟で、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は24日、非公開化のための資金を確保したとツイートした際、株主と情報を共有しようとしたとし、騙す意図はなかったと証言した。

マスク氏は2018年8月7日、テスラを1株当たり420ドルで非公開化するための「資金を確保した」とツイートした。これを受けテスラ株は急騰したが、その後、買収が実現しないと判明すると下落。テスラ株主は多額の損失を被ったと主張している。

この日の証言でマスク氏は、弁護士のアレックス・スピロ氏の質問に答える形で、テスラの非公開化に関心があるという情報を全ての投資家と共有するつもりだったとし、「悪意はなかった。株主のために正しいことをしようとしていた」と述べた。

マスク氏は20日と23日にも証言。23日の証言は5時間に及んだ。マスク氏のツイートでテスラの株価が人為的に高騰したかなどについて陪審員9人が判断を下す。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up