August 17, 2018 / 12:34 AM / a month ago

米テスラ、EV促進策見直し巡り加オンタリオ州政府を提訴

[トロント 16日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー大手テスラ(TSLA.O)は、カナダのオンタリオ州政府がクリーンエネルギー車の普及促進策の見直しに当たって不当な扱いを受けたとして提訴した。裁判所に10日に書類を提出した。

 8月16日、米電気自動車(EV)メーカー大手テスラは、カナダのオンタリオ州政府がクリーンエネルギー車の普及促進策の見直しに当たって不当な扱いを受けたとして提訴した。写真は同州に設置されたテスラの充電機、スーパーチャージャー。5月撮影(2018年 ロイター/David Lucas)

オンタリオ州は先の選挙で勝利した進歩保守党のダグ・フォード州首相が7月に、EV購入者に1万4000カナダドル(1万0640米ドル)を補助する、前政権の導入したEVと水素自動車の普及促進策を撤回。クリーンエネルギー車を購入もしくは注文済みの場合は従来通り補助を受けられるが、ディーラ―を通さずにメーカーが直接販売するテスラ車を、こうした経過措置の対象外とした。

訴状によるとテスラは、経過措置から除外される理由はなく、こうした措置は恣意的でまったく理不尽だと主張。経過措置からの除外を撤回するよう求めている。

テスラの広報担当者は16日、提訴の事実を確認したが、それ以上のコメントは避けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below