for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テスラのトラック型EV、予約が25万台に=CEOが示唆

 11月26日、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、5日前に発表したピックアップトラック型EV「サイバートラック」の予約台数が25万台に達したことをツイッターで示唆した。写真はサイバートラックを紹介する同CEO。カリフォルニア州で22日撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[26日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラTSLA.Oのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は26日、5日前に発表したピックアップトラック型EV「サイバートラック」の予約台数が25万台に達したことをツイッターで示唆した。

マスク氏はツイッターでサイバートラックを宣伝。予約台数についてツイッターで最新情報を示唆しており、26日夜に「250k」(25万)と投稿した。

このツイートはサイバートラックの予約台数を指すものとみられるが、同社は営業時間外のため確認はとれていない。

サイバートラックは100ドルの預託金で予約が可能。予約をキャンセルした場合は預託金全額が返金される。予約の多くは最終的にはキャンセルされる可能性が高く、予約がすべて売り上げに結びつくわけではない。

生産は2021年終盤頃に開始する予定。

同社は2016年にセダン「モデル3」の予約販売を実施。預託金は1000ドルだったが、最初の1週間で32万5000台の予約があった。

サイバートラックはあと2日で発表から1週間を迎える。最初の1週間の予約台数はモデル3並みになる可能性がある。

サイバートラックの販売価格は3万9900ドルから。発表会では窓ガラスに使った「強化ガラス」の強度を示す実演をしたところ、ガラスにひびが入るという失態を演じたほか、アナリストは、トラック全体の見た目が大衆受けしないと指摘している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up