October 24, 2018 / 10:22 PM / 22 days ago

米テスラ、第3四半期は黒字転換 モデル3生産拡大で

[サンフランシスコ 24日 ロイター] - 米電気自動車(EV)テスラが発表した第3・四半期決算は損益とキャッシュフローが黒字となったほか、利益率が予想を上回った。量産車「モデル3」の生産拡大が寄与した。

決算発表を受け、株価は引け後の取引で9%上昇した。

第3・四半期の利益は3億1150万ドル(1株当たり1.75ドル)。前年同期は6億1940万ドル(同3.70ドル)の赤字だった。

諸項目を除いた1株利益は2.90ドル。

売上高は68億2000万ドルで、前年同期から2倍以上に増加。リフィニティブのデータによるアナリスト予想の63億3000万ドルも上回った。

フリーキャッシュフロー(FCF)は8億8100万ドル。FCFがプラスとなるのはテスラとしては3回目。モデル3の生産拡大や支出管理の改善、設備投資の減少などが寄与した。

モデル3の生産台数は週平均で約4300台とした。

モデル3の高価格版の販売が好調だったことに加え、車両1台当たりの労働時間や原材料コストが低下したことを受け、モデル3の利益率は20%を上回った。

テスラは年内に欧州や中国でモデル3の注文受付を開始する方針を明らかにした。また、北米でモデル3の予約をキャンセルした顧客は20%にとどまっているとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below