July 22, 2020 / 9:16 PM / 18 days ago

テスラ、第2四半期は4四半期連続の黒字 年内納車目標も堅持

[22日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラが22日発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルスの向かい風にもかかわらず、4四半期連続の黒字となった。年内に少なくとも50万台を納車する目標も堅持した。

テスラの株価は引け後の時間外取引で6%上昇した。

第2・四半期の調整前純利益は1億0400万ドル(1株当り0.50ドル)。4四半期連続での黒字達成によって、今後S&P総合500構成銘柄に採用される可能性がある。

売上高は60億4000万ドルと、前年同期の63億5000万ドルから減少したものの、リフィニティブのまとめたアナリスト予想の53億7000万ドルを上回った。

自動車関連の売上高は51億8000万ドル。うち、他の自動車メーカーへの温室効果ガス排出枠(クレジット)売却による売上高の比率は8%に拡大した。

マスク最高経営責任者(CEO)は前日、同社株の最近の上昇で21億ドル相当の報酬を手にする権利を得たと明らかにした。時価総額と業績に連動した制度の下で、5月に続き2度目の巨額報酬となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below