October 3, 2019 / 3:44 AM / in 13 days

テスラの自動運転車呼び寄せ機能、衝突相次ぐ NHTSAが調査

10月2日、米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)は、電気自動車(EV)大手テスラが先週導入した自動運転車の駐車場での呼び寄せ機能「スマート・サモン」を巡り、衝突事例が相次いでいるとして調査に乗り出していると明らかにした。写真はテスラの充電施設。上海のオートショーで4月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[ワシントン/ベンガルール 2日 ロイター] - 米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)は2日、電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)が先週導入した自動運転車の駐車場での呼び寄せ機能「スマート・サモン」を巡り、衝突事例が相次いでいるとして調査に乗り出していると明らかにした。

複数のユーザーがほとんど事故に見えるような動画をソーシャルメディアに投稿。車庫の壁にぶつかったり、バックしてくる別の車にぶつかったりしている。

テスラは一部顧客を対象にしたソフトウエアの更新で、同機能を搭載した。駐車場でテスラ車がユーザーの200フィート以内にあり、視界に入っていれば、スマートフォンのアプリを使って自分のところに無人状態の車を呼び寄せられるというもの。

衝突の報告についてNHTSAは「テスラと接触中で、情報収集を続けている」とし、安全に関連する欠陥の証拠が見つかった場合はただちに措置を講じると述べた。

取材に対し、テスラのコメントは得られていないが、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は同日、導入後の最初の数日間で呼び寄せ機能のユーザーは55万人以上に上ったとツイッターに投稿した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below