March 27, 2019 / 12:49 AM / a month ago

米テスラCEO、ツイート巡りSECと来月4日に法廷で対決

 3月26日、米電気自動車テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO・写真)のツイートが情報開示に関する昨年の和解合意に違反したと米証券取引委員会(SEC)が訴えている問題で、ニューヨーク州連邦地裁は口頭弁論を来週4月4日に開くと明らかにした。1月に上海で撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米電気自動車テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のツイートが情報開示に関する昨年の和解合意に違反したと米証券取引委員会(SEC)が訴えている問題で、ニューヨーク州連邦地裁は口頭弁論を来週4月4日に開くと明らかにした。

双方の弁護団が法廷で対決することになる。

マスク氏は2月19日付のツイートで、2019年のテスラの生産台数が約50万台になるとの見通しを表明。SECはこれが昨年に問題となった投稿を巡る10月の和解合意に違反したとして、マスク氏を法廷侮辱罪に問うよう裁判所に申し立てていた。

SECは、マスク氏が投稿についてテスラから事前承認を得なかったことを問題視している。

マスク氏の弁護団はこれまで、問題となっているツイートは、同氏が1月に公の場で話題にしたテスラの目標にあらためて触れただけで、重要な内容ではないと主張してきた。

マスク氏の弁護士はコメントの求めに応じていない。SECからもコメントは得られていない。

法律の専門家によると、地裁が法廷侮辱罪の判決を下した場合、マスク氏には和解合意で支払った2000万ドルを上回る罰金やさらなる制限が科される可能性があり、テスラの取締役あるいはCEOを解任されることも想定されるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below