November 25, 2019 / 4:13 AM / 9 days ago

アングル:テスラのトラック型EV、未来過ぎるデザインに賛否

[デトロイト/東京 22日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラが21日に公表したピックアップトラック型EV「サイバートラック」は、発表会で窓ガラスの強度を示す実演をしたところ、ガラスにひびが入るという失態を演じた。しかし、22日の米株式市場でテスラ株が6%も急落したのは、窓ガラスだけでなくトラック全体の見た目に原因があるようだ。

同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は発表会で、サイバートラックのデザイン、馬力、頑丈さをアピール。ところが、デザイン責任者のフランツ・フォンホルツハウゼン氏が運転席側の窓に鉄製のボールを投げつけると、ガラスにひびが入った。

「なんてこった。ちょっと強く投げ過ぎたのかな」とマスク氏。しかし、フォンホルツハウゼン氏に後部座席の窓ガラスで再度実演させると、またしてもひびが入った。

「貫通しなかったのは良しとしよう。改善の余地があるということだ」──。

フォンホルツハウゼン氏がハンマーでサイバートラックの車体側部を打つ実演では、車体に傷が付かず聴衆から喝采を浴びた。車体にはマスク氏が運営するスペースXの宇宙船「スターシップ」と同じステンレス(合金鋼)が採用されている。

全米で最も人気のあるフォードのピックアップトラック「F―150」とサイバートラックが綱引きを行い、後者が勝つ動画も上映された。

サイバートラックのデザインには、賛否両論が寄せられている。

金融サービス・コーエンのアナリスト陣は「マスク氏は何カ月も前から(SF映画の)ブレードランーナーにインスパイアされたデザインに熱を上げていたが、あまりにも未来的過ぎて驚きを禁じ得ない。これで彼の夢は、砕け散るのではないかと思われる」と指摘。北米の乗用車市場で最も儲かるピックアップトラック市場に参入したのは歓迎だが「現状のフォルムでは成功しないだろう」と記した。

米ケンタッキー州にあるフォード車販売店のCEOは「面食らったとしか言いようがない。ピックアップトラックはアメリカを『形づくる』大事な車だが、テスラのトラックにそれが当てはまるとはとても思えない」と語る。この販売店で売れるピックアップトラックの大半は作業用車だ。

サイバートラックの宇宙船的なデザインはインターネット上でも、からかいの対象となった。

Slideshow (2 Images)

ユーチューブ(YouTube)で150万人のフォロワーを持つ文筆家のマーク・ダイス氏は「イーロン・マスクの火星植民地的な発想はばかげていると言ってしまったけど、彼にブロックしてほしくないな。サイバートラックがどれだけ不細工か彼に伝えたいから」とツイッターに投稿した。

一方で、「これこれ。未来のレトロ版って感じ」など、テスラファンからはいつも通り支持が寄せられた。

ただ、自動車専門誌の幹部、カール・ブラウアー氏は、最新技術と奇異なデザインの二兎を追うマスク氏のやり方は行き過ぎだと指摘。「テスラのマークが付いていれば何でも買うファンはいる。しかし、トラック市場の本流には切り込めないだろう。快適な場所から踏み出すのを嫌がる人々にとってバリアが多過ぎる」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below