May 30, 2018 / 11:45 PM / 21 days ago

米消費者情報誌、テスラ「モデル3」をブレーキ改善認め推奨

[30日 ロイター] - 米消費者情報誌コンシューマー・リポーツは30日、電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の新型セダン「モデル3」を推奨すると公表した。同誌が実施した最新の試験で、ファームウェアの更新によりブレーキ性能の改善が示されたことを受けた措置。

5月30日、米消費者情報誌コンシューマー・リポーツは、電気自動車(EV)大手テスラの新型セダン「モデル3」(写真)を推奨すると公表した。北京で4月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

試験では、時速60マイルで走行していたモデル3でブレーキが効き始めてから車が停止するまでの制動距離が133フィートとなり、従来より約20フィート短縮された。

コンシューマー・リポーツは、モデル3が今回の更新により、全体の評価が推奨できる十分な水準に改善したと説明した。同誌は前週、モデル3について、多数のプラス面を強調する一方、ブレーキの性能がピックアップトラックに劣るなど「大きな欠陥」があると警告していた。

報道を受けてテスラ株は買われ、30日の取引を前日比2.8%高の291.72ドルで終了した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below