October 30, 2019 / 10:49 PM / 14 days ago

三井物産子会社のテキサス州火災、米当局は燃料漏れが原因と指摘

[ヒューストン 30日 ロイター] - 3月に米テキサス州で起きた三井物産の米子会社インターコンチネンタル・ ターミナルズ・カンパニー(ITC)の石油化学工場火災事故を巡り、米化学安全委員会(CSB)は30日、燃料漏れが大規模な火災につながった可能性があるとの見解を示した。

この事故ではヒューストン市内の広範囲が煙に包まれ、近くの水路が閉鎖されたほか、道路や学校の閉鎖、地元製油所の生産縮小といった被害をもたらし、発生から3日後にようやく鎮火した。

CSBは、最初の出火箇所がナフサタンクのそばのパイプだったと突き止め、このパイプにつながっているポンプを稼働させ続けていた点に問題があったと指摘。本来、パイプのバルブは、緊急時に火が広がるのを防ぐために、しかるべき人間が開閉を管理する必要があったと付け加えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below