for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米半導体TIの第1四半期見通し低調、経済悪化で需要下振れの恐れ

[24日 ロイター] - 米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)が24日発表した第1・四半期の売上高と1株利益の見通しはいずれも市場予想に比べて低調だった。

昨年を通じて底堅さを維持していた半導体のエンド市場でも、実体経済の悪化によって需要が下振れる恐れが出てきている。

TIが示した第1・四半期売上高見通しは41億7000万-45億3000万ドル。レンジの中心は市場予想の44億1000万ドルに届かなかった。1株利益は1.64―1.90ドルで、やはりレンジの中心は市場予想より低い。

昨年第4・四半期売上高は46億7000万ドルと前年同期比3%減少したが、リフィニティブのデータに基づくアナリスト予想平均の46億2000万ドルは上回った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up