August 6, 2019 / 12:28 AM / 12 days ago

米大統領、銃乱射発生のテキサス州エルパソを7日訪問へ=市長

[エルパソ(米テキサス州) 5日 ロイター] - トランプ米大統領が7日、憎悪犯罪とみられる銃乱射事件で22人が死亡したテキサス州エルパソを訪れる。エルパソのディー・マーゴ市長が5日に明らかにした。

大統領は、5日ホワイトハウスで、米国は「人種差別主義、偏見、白人至上主義を非難しなければならない」との声明を読み上げ、インターネットと暴力的なビデオゲームが暴力を助長していると批判した。

一方、エルパソ市出身で2020年米大統領選の民主党の候補指名獲得を目指すベト・オルーク元下院議員は、現地紙エルパソ・タイムズに対し、トランプ大統領は「エルパソでわれわれが見た事象の発生に加勢した形だ」とし、大統領はエルパソに近づくべきでないとの考えを述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below